Global AI Summitがリヤドで閉幕し、AIの未来を形成するサウジアラビアの関心の高まりを再確認

リヤド(サウジアラビア), 2022年9月19日 /PRNewswire/ -- 第2回目となったGlobal AI Summit(グローバルAIサミット)(https://globalaisummit.org/ )が16日に閉幕し、サウジアラビア王国で高まる人工知能(AI)への評価と投資を再確認した。3日間にわたって開催されたこの世界的イベントにはAIの著名なリーダーや専門家が集まり、AIテクノロジーに関する機会や制約について討論した。サミットはSaudi Data and Artificial Intelligence Authority(SDAIA)が主催し、90カ国以上から1万5000人超の参加者と200人以上の講演者を招いた。


The Global AI Summit Wraps Up in Riyadh, Reaffirming Saudi Arabia’s Growing Stake in Shaping the Future of AI

サウジアラビアのNational Information CenterディレクターであるEsam Alwagait博士は閉会の辞で「われわれはAIの飛躍的な成長と、今日・明日の社会へのAIの潜在的なメリットを目の当たりにしている。われわれは協力し、先駆的なモデルを構築することができる。それは知識に基づいた経済を推進し、課題を解決し、何世代にもわたって明るい未来を実現するデータとAIの価値を解き放つものだ」と述べた。

このサミットでは、以下の尊敬されるビジネスリーダーと学術専門家が講演した。アラムコ最高経営責任者(CEO)のAmin Nasser氏、Microsoft ResearchのチーフメディカルサイエンティストJunaid Bajwa氏、Kitty HawkのCEOであるSebastian Thrun氏、KAUSTのAIイニシアチブディレクターJurgen Schmidhuber博士

サミットはAIの可能性を示す一方で、より迅速な行動も促進した。開幕日には、Digital Cooperation Organization(デジタル協力機構)の加盟国はAI を活用して人々、コミュニティー、国家、世界の全体に利益をもたらす長期的なビジョンを概説したRiyadh AI Call for Action Declaration(リヤド AI 行動宣言)を最終決定して署名した。その翌日、サウジアラビアは発展途上国へのAI技術の導入を支援する世界銀行のデジタル開発パートナーシップに参加することを発表した。

サミットではAIと機械学習の分野で女性が活躍できるよう支援することを目的とした、SDAIAとGoogle Cloudの新しい共同イニシアチブが発表され、16日に閉幕を迎えた。このプログラムは、当該分野で働く女性の比率を増やすことを目標に、5年間にわたって2万5000人の女性に無料のトレーニングを提供する。

サミットでは合計40以上のパートナーシップや覚書が署名された。これらのパートナーシップは、サミットの終了とも相まって、Vision 2030(https://www.vision2030.gov.sa/ )の目標に向けたサウジアラビア王国の着実な前進を示すものである。

本資料は、Saudi Data Artificial Intelligence Agency(SDAIA)の代理人であるVeyron Company Ltd.に代わり、エデルマン(Edelman)が配信している。より詳しい情報は米国首都ワシントンの司法省で入手できる。

写真 -  https://mma.prnasia.com/media2/1901005/SDAIA_Global_AI_Summit.jpg?p=medium600