Xinhua Silk Road:中国東部蒙陰県の桃農家が桃色のすばらしい人生を満喫

【北京2022年8月17日PR Newswire】中国東部・山東省蒙陰県の地元農家は景気の良い桃産業で、甘い桃の香りと高収入の両方を楽しんでいる。


山東省蒙陰県で2人の農民が蒙陰桃を収穫する様子(PRNewsfoto/Xinhua Silk Road)

恵まれた地理的条件を誇る蒙陰県は、1980年代から桃産業に専念してきた。それから40年が経ち、桃の作付面積と生産量で中国最大の県となった。

蒙陰県の桃産業は、高品質の発展の道をたどってきた。桃関連の科学研究プラットフォームを設置し、プロの農家を訓練し、科学的アプローチを適用することにより、50万ムー(約3万3333ヘクタール)の高級桃の基地を開発した。

蒙陰県は市場のダイナミックな需要に対応するため、桃の栽培構造を常に調整し、最適化してきた。毎年、県全体で2-4種類の新しい品種が奨励される。初春から初冬にかけ、200種類の蒙陰桃が市場に出荷される。

eコマースプラットフォームのTaobaoとの提携により、蒙陰の高品質の桃は、中国だけでなく、シンガポール、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、インド、ロシア、日本などの海外市場でも口コミで広まり、毎日8万件超のeコマース取引が行われている。

甘い桃の人気の高まりは蒙陰県の輸送、物流、貯蔵、高度加工、農村観光の急速な発展を後押しし、10万人を超える地元の人々が財を成した。

蒙陰県は桃産業を後押しする取り組みに加え、農村観光も促進している。蒙陰県ツアーでは、年間200万人超の観光客が訪れ、10億元(約1億4723万米ドル)超の産業価値を生み出している。

オリジナルリンクを参照:https://en.imsilkroad.com/p/329537.html